地下鉄あびこ駅から徒歩1分。あびこで話題の歪み矯正専門の整骨院。

あびこの整体なら あびこ整骨院
あびこ整骨院のメール問い合わせはこちら

背骨の歴史2

2018/11/16 カテゴリー:ブログ

前回の背骨の歴史は哺乳類の所まできましたね!

魚とトカゲ(爬虫類)は背骨を地面に対して水平にくねらせて前に進むという事を説明しました。この背骨の使いかたの特徴は、背骨のくねらせ方を変えれば方向転換や進む速さを変えられるという事です。

今回はそれに対して哺乳類の背骨はどう違うのかを説明していきます。哺乳類は上記の横の動きの背骨ではなく縦の動きを基本としています。我々人間は腰を前後に曲げるのは楽に出来て重たい物を持ち上げたりできても、横に倒して作業をするなどは非常に難しいことを思い出してもらえたら納得してもらえると思います。さらに魚やサメは横に背骨を動かしますが、哺乳類であるイルカやシャチは背骨を上下に振って推進力を作ってます。全生物で0.4%しかいない哺乳類の運動学的特徴は「背骨を縦に使う」です。

背骨を縦に動かすとなると今までの生物とは移動方法が大きく異なります。トカゲなら横にくねらせるので背骨に合わせて勝手に足が前にでるので、背骨さえ動かしていれば自動的に前に進めます。しかし犬など哺乳類は背骨を縦に動かしても足は上に挙がるかもしれませんがそれだけです。つまり背骨の動きにプラスして「足を前に出す」という動作が必要です。それは進むスピードや方向転換も背骨と足の動きが必要になってきます。トカゲに比べてかなり高度です。足と背骨の連動が強くない分、しゃがんだり忍び足をしたり急加速したりと狩りはしやすくなっています。背骨が横から縦になっただけで移動方法に多彩なバリエーションが生まれました!

人間も同じで骨盤から背骨を伝って肩までその力が伝わり自然と腕を振るのが本来自然な歩行です。しかし現代人はほとんどの人が前かがみで猫背で歩いています。そうなると背骨本来の柔軟性は失われ血流やリンパ、ホルモンバランスの調整が難しくなってきたりと多くの弊害が生まれます。

人間も本来背骨は柔軟に動かして日々を過ごさなければいけない生物です。しっかり運動しエクササイズして背骨の柔軟性を上げていき痛みやダルさとはおさらばできるよう柔軟性を上げる運動やストレッチの習慣をつけていきましょうね(o^―^o)

あびこ整骨院 予約の流れ

メールでのお問い合わせについて

メールでのご予約は下記のフォームよりご連絡下さい。

#

お電話でご連絡頂く際は、

「初めてなんですが●日の●時にご予約お願いします」とおっしゃってください。

ご希望時間がない場合は「午前か午後でお願いします」とおっしゃってください。

平日は 16時 が比較的空いております。
土曜日は 13時 が比較的空いております。

■ 注意事項 ■

※フォームがうまく作動しない場合、お手数ではございますが、06-6608-3811 まで直接お電話にてご予約いただきますようお願い致します。

■営業の方へ ■

当院の受付時間中は、電話での対応をお断りしております。

ご用の方は問い合わせフォームに内容を明記の上、必要であればこちらから折り返し連絡をさせて頂きます。

 必須  項目はすべてご記入ください。

ご予約希望日時  必須   月  日  時頃
お名前  必須 
例)整骨 太郎
フリガナ  必須 
例)せいこつ たろう
メールアドレス  必須 
例)○○○@docomo.ne.jp
電話番号  必須 
例)01-2345-6789
お問い合わせ内容
送信確認  必須   上記送信内容を確認したらチェックを入れてください

メールでのご予約はこちら
#
# #

〒558-0011
大阪市住吉区苅田7丁目7-12

お問い合わせ 06-6608-3811

© あびこ整骨院 All Rights Reserved.